Pocket

コロッケTOP
全国17の都道府県に展開するカラオケ店「コロッケ倶楽部」。宴会はもちろんランチタイムの利用など、さまざまなサービスを展開しています。今回は、株式会社ボナーのスーパーバイザー中村さまと唐津店店長の山本さまにLINE@の活用方法についてお話を伺いました。

 この記事のポイント 
「クーポンシェア」で友だち数が増加
10分でタイムラインの「100いいね」獲得
課題だった深夜帯の集客が昨年対比160%

――LINE@を導入したきっかけを教えてください
LINE同様タイムリーに配信や投稿ができることや利用ユーザーの多さから、今後、販促として重要なツールになると思い導入しました。また、費用も低く、導入のハードルは高くなかったです。

「クーポンシェア」で友だち数が増加

――友だち集めはどのようにされていますか
最初は、フロントでのお声がけや店内外にポスターを貼り、徹底して告知をしていました。しかし、5,000人程度友だちが集まると友だち数が伸び悩むようになりました。そこで、タイムラインでお客さまにクーポンを選んでもらう施策を行いました。そのクーポンをLINE上で友だちに共有できるように公開設定をONにしたことで、友だちになっていない方へもそれが拡散され、友だちが増えるようになりました。友だち追加への誘導がスタッフではなく、実際の友だちから行われるので、とてもスムーズにかつ効率的に友だちを増やすことができています。現在は、LINE@の友だちの方から友人や知人に、「私がクーポンを持っているから、共有するね」と自主的に伝えてもらっています。
店舗では、クーポンは1回使うと友だちにシェアが出来なくなるので、使う前に「カラオケに来そうな方にはぜひシェアしてください」とお声がけをし、友だち集めを加速させています。
修正済み_友だちあつめ


10分でタイムラインの「100いいね」獲得

――実際に効果のあった施策を教えてください
友だち集め加速のきっかけともなった、タイムラインでお客さまにクーポンを選んでもらう施策です。それまでは、スタッフでクーポンの内容を決めて配信していました。しかし、「本当にお客さまが望んでいる特典はなんだろう」と考えた時に、この施策に行き着きました。また、タイムラインをどのくらいの方がチェックされているのかも知りたいと思い実行しました。タイムライン
結果は、10分で「100いいね」を超え、お客さまが求めている特典を把握できました。その上でクーポンを配信することができたため、お客さまは自分が選んだクーポンを受け取り、来店するモチベーションも高くなると感じています。実際にクーポンを配信すると、多くの方が来店してくださいました。


課題だった深夜帯の集客が昨年対比160%

――利用前と利用後を比較していかがですか?
1日を通して、集客の波を軽減することに繋がっています。
課題としていた深夜利用の対策として、クーポンを配信しました。その結果、「そんなプランがあるんだ!」や「○時も営業しているんだ!」と、お客さまにサービスを知ってもらうきっかけになりました。そのようにして、一度サービスを知ってもらったお客さまは、クーポンがなくても来ていただけるリピーターになってくださり、結果、深夜帯の月間来店数が昨年対比160%の効果となりました。

――「1:1トーク」をどのように活用していますか?
クーポンを配信した後は予約が増える傾向にあるため、「1:1トーク」で予約を受付けています。今まではキーワード応答メッセージで五十音順にプランや想定されるキーワードを入れていたのですが、もっと柔軟に対応していきたいと考え、「1:1トーク」を活用することにしました。「今から行きたいけど、空いていますか?」や「値段はいくらですか?」などの問い合わせをもらっています。コロッケインタビュー

――これからLINE@をはじめる方へアドバイスをお願いします
今までは、何かお客さまに伝える手段としてDMを主に使っていましたが、みなさんもご想像できる通り、準備にとても時間がかかっていました。その点、LINE@は「今」情報を届けることができます。時間をかけずに何度も配信できる点も魅力的です。
始めようか悩んでいる方は、ぜひ始めた方がいいと思います。アカウントを作成してすぐにノウハウが分からないのはみんな同じだと思います。私たちもそうでしたし、今でも、日々他店舗さんの良い配信を見て勉強しています。試行錯誤を繰り返す中で、今回のクーポン企画のような施策が生まれると思います。迷うぐらいなら始めてほしいです!

――ありがとうございました

この記事は参考になりましたか?

はい   いいえ

参考記事
  
  メッセージの配信内容・企画の考え方     ホーム(タイムライン)の投稿内容・企画の考え方


Source: LINE@公式ブログ | ラインアットの最新情報や成功事例をご紹介
深夜帯の来店数が昨年対比160%!タイムラインを活かしたカラオケ店の活用事例