Pocket

セールスマネージャーLiny(リニー)に強力な新機能が実装されます。

その名も「LINEチャットボット型フォーム」です。

この機能を活用することで、

簡易的にセグメント情報を獲得できる
LINE@に入った時点でセグメントがされる
フォーム入力率がアップする

…といったメリットがあります。

慣れ親しんだチャットインターフェイスで入力を補助

従来型のフォームだと、お客様が入力する際にちょっとした手間になってしまったり、
入力する項目がどこにあるのかわからないまま離脱してしまったり…という問題があるのですが

このLINEチャットボット型フォームを利用することで問題が解決します。

また一見すると最近注目されているWEBチャットにも似ているのですが、WEBチャットの場合だとユーザーがWEBサイトから離脱してしまうと後追いやフォローができない…という難点があります。

これに対してLinyのLINEチャットボット型フォームはLINE@友だちを促すため、例えWEBサイトからユーザーが離脱したとしても、ブロックされない限りはLINE@上でのフォローアップが実現できるという大きなメリットが得られます。

LINEに友だち追加された時点で、セグメント情報が引き継がれる

また入力を促しやすいだけでなく、登録前にセグメント情報を獲得することができる…というのも大きなメリットです。

通常、LINE@友だちになった後に、LINEのトークからアンケートを入力して頂くことで、セグメント情報を獲得するというのが一般的ですが、LINEチャットボット型フォームを利用すれば、LINE@友だちをする前にセグメント情報を獲得できるので、友だち追加後にセグメント情報を求める手間を省くことができます。

よく通販にあるような、お申込みフォームをLINEチャットボット型フォームに変えるだけで、入力率の向上やLINE@の中でのステップセグメント配信をより便利にすることができます。

どこで友だち追加されたのか流入経路を分析できる

さらに、SEO経由、リスティング広告経由、SNS経由…など、どこでLINE友だち追加されたのか?などの情報も得ることができるため、細かな行動分析が可能となります。

まとめ

セールスマネージャーLinyの新機能。

「LINEチャットボット型フォーム」は夏頃の実装を予定しております。

ユーザーのコンバージョン率アップやよりユーザーに併せたパーソナルステップ配信の実現により
オートメーション化ができる機能ですのでお楽しみを!

Copyright © 2018 LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ All Rights Reserved.

Source: LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ
フォーム入力率やカゴ落ち対策ができるLINEチャットボット型フォームとは?