Pocket

LINE@リストマーケティングを学ぶにあたって、

あなたは日々の生活で

LINEやLINE@などのソーシャルメディアを活用していると思います。

 

LINEは友達を増やして、アフィリエイトをすることができます。

 

 

同様に

Facebookで友達を増やすことができる。

Facebookはアフィリエイト可能な媒体です。

 

そのほかにもブログやTwitterであったり、

YouTubeなどはフォロワーや登録者を増やして

そこからアフィリエイトをすることが可能な媒体です。

 

オープンメディアとクローズドメディアについて

ではなぜ、LINEなのでしょうか。

Facebook,YouTube、Twitter、ブログなどは不特定多数の人が見る媒体で、

オープンメディアと呼ばれています。

 

 

それに対しLINEやLINE@に関しては

興味を持った人だけが集まるので、クローズドメディアとなります。

 

 

LINE上でグループができたり、クローズドの世界で仲良くなる。

仲良くなった人に対して自分の情報をシェアしていくわけです。

 

LINEで友達を増やして、クローズドな世界で仲良くなり、

情報発信していくわけなんですね。

 

もっと言うと、

友達をLINE@に誘導して、

グループを作って、タイムライン上に情報をシェアします。

 

ここでは、オープンメディアの中では話さないような内容の情報を発信しています。

 

LINEを軸に情報発信する

何か、情報商材などを紹介していくときは、

不特定多数に情報発信するよりも、

LINEの中で密閉された状態の中で情報を発信していくと成約率も上がります。

 

既読がついて、

流した情報を見てくれるからです。

 

ですから、何か告知をしたり、

伝えたい情報があればLINEを送ることによって、

LINE内の見込み客に伝達しやすくなります。

 

LINEは中継する役割

 

LINEはさらに中継的な流れを作ることもできます。

 

Facebookなどで友達になった人にLINEで誘導して密な関係になって、

さらに興味のある人に対して自分のブログなどに誘導することもできるんですね。

 

 

自分について教えたり、サービスを教えたり、

コンテンツ情報などを教えてあげることができます。

 

クローズドメディアであるLINEからFacebook、

ブログなどのオープンメディアに見込み客を誘導することもできます。

 

LINEから自分のFacebookを見てもらう

逆パターンもできるわけです。

LINEで知り合った人はあまり互いのことを知らないことが多いので、

自分のFacebookなどを見てもらうきっかけを作り、自分のことを知ってもらいます。

 

 

Facebookに誘導して、興味づけをしていくわけです。

オープンメディアとクローズドメディアを連動することによって、

集客の幅が広がるんですね。

 

LINEを軸にソーシャルメディアを連動させることによって、

友達を増やす。

 

自分の媒体を知ってもらうことができて、

自分が持つソーシャルメディアを行ったり来たりしてもらいます。

 

LINEを使った3ステップ集客とは

私は、このソーシャルメディアをフル活用して、3ステップで見込み客を誘導しています。

 

考え方次第でいろんな活用ができるんですね。

Facebookだと友達申請をまとめてしてしまうとアカウントに制限がかかることがあります。

 

でも、LINEだと違ったアプローチをすることができるんですね。

LINEの中でも友達を増やす違ったアプローチの仕方があります。

 

最近では、LINEの市場が非常に拡大してますよね。

Facebookやtwitter、mixiをやっていない人でもほとんどLINEはやっています。

LINEを使っている人が、どこでもいる状態。

 

なので、LINE上で友達を増やして、リアルでもLINEの友達を増やし、

ネット上でもLINEの友達を増やすことができるんです。

 

さらに自分の媒体を知ってもらうことで、

新しいアクセスを流すことだってできます。

 

自分が持っているソーシャルメディアをフルに使って

ファンになってもらうことができるんですね。

 

私はこのLINEを軸にして3ステップで見込み客を誘導しています。

 

Facebook→LINE→メルマガなどに流す

①Facebookを中心とした媒体からLINEに誘導②LINE上で仕掛けを作る

③メルマガ、ブログ、Facebookに流す

この3ステップです。

 

案件によっては2ステップのLINEだけで完結できるケースもあります。

 

メルマガをやっている人は特にLINEだけでなく

メールアドレスのリストも取れるようになります。

2重構造ですね。

 

LINEを軸にすると集客に幅が広がるので、

私は組み合わせて活用しています。