Pocket

今回は、LINE@リストマーケティングにおいて、

意識すべき情報発信についてお話ししたいと思います。

 

無料媒体というと、LINE、Facebook、YouTube、

Twitterなどなど、数多くありますよね。

 

 

これらの無料媒体をフル活用することによって、

情報発信力はレバレッジを効かせることができます。

 

要は、お金をかけずに宣伝できてしまうのです。

 

メディアの奥には常に人がいる

 

LINEに限らずアフィリエイトをする際には、

メディアの奥には常に人がいる」ということを意識してほしいです。

面白いコンテンツを持って、情報発信する。

 

 

与えられたアフィリエイト情報をバンバン書き込むだけでなく、

「メディアの奥に人がいる」ことを意識して伝える必要があります。

 

 

その上で、アフィリエイト活動をしていく。

自分が情報発信した内容に共感してくれた人に対して、

アフィリエイトしていることを意識して欲しい。

 

共感を持っている人に対してアフィリエイトする

 

例えば、毎日毎日、「これはオススメですよ」と毎日毎日、

違う商品を次から次へと紹介されるとどんな気持ちになりますか?

 

売込みばかりで感情が入らない内容は、共感できませんよね。

 

次から次へとアフィリエイトするのではなく、

面白い情報、役立つ情報の中に、たまにアフィリエイト案件を盛り込む、

 

アフィリエイトをする時も自分の考えを盛り込んで紹介する。

 

 

例えば、化粧水のアフィリエイトをする場合。

 

ただ単に、「この化粧水ヤバいですよ」だけで済ませるのではなく、

 

「私はこれまでいろんな化粧水を使ってきたけど、

うまくいかず、肌が荒れてしまいました。

よくよく調べて見ると、

化粧水でも肌に合う合わないがあることに気がつきました。

そこで出会ったこの化粧水は、どんな方でも肌に浸透する化粧水で、オススメです。」

 

 

このように自分の意見を入れることによって、

普段から自分の意見に共感してくれている人に対してアフィリエイトしているので、

「買ってみよう」となります。

 

アフィリエイトに自分の考えを入れ込む

 

自分の考えが入っているから、

「誰々がこう言ってるから、買ってみようかな」ということになる。

 

アフィリエイトで稼げない人の原因は、ここです。

 

例えば、1件500円の無料オファー案件が出たとします。

 

「これをアフィリエイトしてください」とキャンペーンが発生しました。

あらかじめ紹介文が用意されていて、コピペするだけの状態です。

 

キャンペーンが発生するたびにその都度違う案件をバンバン紹介する。

「なんだこの人は」と不信なりませんか?

 

みんな同じ文をコピペして紹介しています。

これだと意味がないんですね。

 

 

なぜなら、自分の意見や考えが入っていないから。

確かに自分の意見を入れてアフィリエイトするのは最初難しいです。

 

ただ、これからやってみて欲しいです。

アフィリエイトをする上で、常に問題意識を持つ。

 

「なんで反応が少ないんだろう。」

「どんなコメントを入れればいいんだろう」

 

疑問を持ち、稼いでいる人の文面を参考にする。

何かを紹介する時に、与えられた文面をただコピペするのではなく、

懇切丁寧に自分の考え、感想を入れ込んでアフィリエイトをする。

 

そういうトレーニングをコツコツ進めて欲しいです。

長い目で考えて、本気でアフィリエイトに取り組もうと考えている人なら、

絶対やったほうがいいです。

 

 

自分の価値観、考えていることに共感を持ってくれる人に向けて、

アフィリエイトすることを意識する。

 

LINEなどの媒体を育てることによって、見込み客は増えます。

友達の数が増えると、情報拡散力レバレッジが効いてきます。

 

 

1通の情報拡散力が増してくるんですね。

 

 

なので、「メディアの奥に人がいる」ことを常に意識して、

ゆっくりでも確実に濃い見込み客を増やすことの方が稼ぐ近道となります。