Pocket

LINE@のアカウントを開設した後、ランディングページも作成できてしまえば、LINE@でのビジネス展開ができるようになります。

 

ここまで準備ができていれば、集客は簡単です。

ですが、ちょっと待ってください。

 

 

集客をしたところで、その後あなたはどのような行動をしますか?

ノープランでしたら、かなり非効率です。

 

LINE@リストマーケティングにおいて、集客をする前に大事なことがあります。

 

 

それは、顧客心理を理解することです。

 

今回は、顧客心理を理解する必要性をお話ししたいと思います。

 

集客をした後、どんなアプローチをかけるのか

 

 

集客してから後のことを考えるのでは遅いです。

せっかくの見込み客を待たせることになってしまいます。

 

 

ですから、LINE@リストマーケティングは計画を立ててから始めましょう。

 

まず、考えなければならないのは、集客した後の計画です。

そう、LINE@に訪れた見込み客に対するアプローチです。

 

あなたは、見込み客にアプローチを始める前に、顧客心理について学ばなければなりません。

なぜでしょう?

 

 

例えば、好きな異性とデートに誘ったり誘われたりするときはノープランで当日を迎えますか?

 

少なからず事前にデート場所を相談しながら決めますよね。

楽しいひとときを過ごすために、お相手の人に好感を持ってもらえるように努力します。

 

 

それは趣味であったり、好みの場所であったり、ファッションであったり事前に探りますよね。

 

少なからず私は、お相手に対してリサーチしていました。 笑

 

 

マーケティングもこれと一緒です。

あなたの見込み客はどんな心理状態にあるのか。

 

どんな悩みがあり、どんな願望があるのかをあなた自身がまず理解する必要があります。

 

これがわかりさえすれば情報発信ビジネスは簡単に取り組むことができます。

 

一方的にこちらの要望を押し付けない

 

「情報発信で稼げません」、「結果が出ません」という人に限って情報発信をきちんとできていないんですね。

 

なんで情報発信ができていないかというと、見込み客の悩みや願望を理解していないから。

 

 

情報発信ビジネスは、極めてシンプルです。

欲している情報をあなたが見込み客の代わりに調べて流すだけ。

 

 

悩みや願望を解決できる情報を調べて発信すればいいだけです。

情報を発信していれば必ずお金になります。

見込み客の欲している情報を与えてあげればいいんです。

 

 

見込み客の欲している情報を知るにはコンスタントに聞き出すことです。

 

見込み客の悩みや願望を聞き出すことで他の見込み客と共通する悩みや願望が理解できるようになります。