Pocket

LINE@リストマーケティングで情報発信をする上で、なぜランディングページを作る必要があるのか?

ランディングページを持つ必要性がイマイチわからないですよね。

これまでランディングページを簡単に作成できるサイトや作成の仕方などをご説明してきました。

 

今回は最初に戻って、復習の意味でランディングページを持つ必要性についてお話ししたいと思います。

 

ランディングページでサービス内容を訴求する

 

 

ランディングページは、売りたい商品や知ってもらいたい情報があればランディングページ内でそのもの自体のベネフィットや価値を訴求することができるWEBツールです。

 

なんだってそうですが、内容の分からないものは顧客は購入しないし、登録しませんよね。

例えば、どんなものが入っているか分からないものが入っている袋を道端で配っていても買い物しないし、受け取らないと思います。

 

ランディングページを使ってどんなものを紹介しているのか、どんな内容を伝えるのかが大事です。

ランディングページはひとつのwebページなのでそのページの中に写真や動画などを貼り、装飾することができます。

 

動画や写真の貼り付け、編集などのスキルはすぐに必要ではありませんが、写真や動画などがあればサービスの内容など詳細のイメージがわかるようになります。

リアリティを感じることができるんですね。

 

例えば、文字だけで「ここに登録すれば、あなたはネットビジネスの全てを知ることができます」

と表示しても文字だけで判断する人は少ないと思います。

 

ランディングページを作成して訴求力を高める

 

ここでランディングページを使って商材の イメージ画像や写真、動画などをつけてデザインするとより見込み客は判断しやすくなります。

 

 

同じ「ネットビジネス教えます系」のランディングページの見せ方でも、WIXを使ってキレイなページで訴求すると差別化できます。

 

 

写真の変更や動画の撮り方などキレイなデザインに変更したり、意識する必要は現段階では必要ありませんが、ここで結論づけたいのは、ランディングページを作る必要があるということです。

自分のランディングページをひとつ作っておくことで視野が格段に広がります。

 

ランディングページで違いを見せる

 

LINE@登録を紹介するランディングページを紹介するランディングページであれば、登録した後の内容を伝えることができます。

 

見込み客に対して、画像や動画を使ってイメージを持たせることもできます。

デザインの差別化でライバルとの違いを見せることができます。

 

 

逆にFacebookで直接紹介している人もいますが、どういう印象を持つでしょうか?

「私のアドレスはここです」

「QRコードで読み込んでください。情報発信してますので、是非受け取ってください」などなど。

 

 

こういうアプローチを多く見かけますが、文字だけで実際にどんな情報を受け取れるのかがイマイチ伝わりませんよね。

文字だけですと、どうしても訴求力が弱くなります。

訴求力を強めるために、自分のランディングページをひとつ用意しておくべきです。

 

自分のランディングページを持つことでネットビジネスの可能性が格段に広がる

 

 

ランディングページをひとつ作っておくと、次につながっていきます。

要は、ツイッター広告やFacebook広告、インスタ広告やリンクを貼ってブログ内で紹介したり、ゆくゆくの展開になっていきます。

 

ランディングページを作成しなくても構いませんが、ランディングページをひとつ持つのと持たないのとでは、ネットビジネスの展開の可能性に格段の差が出てきます。

 

 

はじめは下手でもいいからランディングページを作成してみる。

数をこなせば慣れていきます。

最初からハイクオリティにする必要はありません。

 

 

自分をより結果の出やすい環境にするにも、ランディングページをひとつ持っておくことをオススメします。