Pocket

LINE@リストマーケティングで稼ぐためには、顧客心理を掴むことです。

顧客心理を掴むことができれば、LINE@リストマーケティングを通じて稼ぐことができます。

それではなぜ、稼ぐためには顧客心理を掴む必要があるのか。

それは、顧客の心を掴んでいなかったら、見込み客を思うように動かすことができないためです。

見込み客が自分の思うように動いてもらうには、顧客心理をつかんでおく必要があります。

情報発信ビジネスの極意はどれだけ顧客の心理を掴むかにかかっています。

 

顧客心理を掴むには生物学から学ぶ

ネットビジネスを始める多くの人は、初めに心理学やテクニックを学ぶと思います。

しかし、小手先の心理学では顧客心理を掴むことはなかなかできません。

私は、生物学をまず学ぶべきだと思っています。

人間は、シンプルにいうとネガティブよりもポジティブを選びます。

快楽、楽しい、気持ちいいなど苦痛を避けて快楽を選びます。

ビジネスをしていて、疲れたら寝る。

苦痛を避けて楽をしたいという気持ちが働きます。

ネガティブな感情からポジティブな感情に移行させようとします。

これは生物学的にに見ても否定できない行動です。

苦痛よりも快楽を選ぶ性質を理解した上で情報発信すると、顧客心理をより掴めるようになります。

見込み客の不安や不満を理解する

 

まず理解しなければならないのは、LIINE@リストマーケティングを初めているあなたの見込み客は、お金を稼ぎたくて集まる見込み客だということです。

 

あなたの見込み客は仕事への不満やお金の不安であり、総合的には将来への恐怖を抱いているのです。

そう、あなたの見込み客は、お金に対する苦痛を持っているということです。

見込み客は、苦痛や恐怖から逃げ出したいと思っています。

例えば、寒さで凍えた体で、ブルブルとあなたが身を震わせている時に、そっと温かいスープを持ってきてくれた人がいたら、その人に対して感謝しますよね。

あなたは、これをやればいいんです。

見込み客にはお金に対する不安であったあり、不満がある。

私が全力であなたのために情報発信するんで、安心してください。

と手を差し出すのです。

こう考えると、心理学などスコトーマであったりザイオンス効果などの知識を持っていたとしても馬鹿らしくなります。

それは、何ら難しいことではないからです。

心理学などではなく、単に不安不満を抱えているから、シンプルに安心させて胃あげればいいだけなんです。

 

顧客心理を掴むには、悩んでいる人の手を差し伸べること

あなたがLINE@リストマーケティングを始めているのなら、見込み客に対してメッセージを送ってみましょう。

「安心してください。あなたは、私のLINE@に登録したので、お金に対する不安や恐怖に悩む心配はありません。私の情報発信だけ見ていて下さい。そうすれば、あなたの不安や不満は徐々に解消されていくんです」と、これだけでいいんです。

「やっとここにたどり着いた」

その安鎮感が信頼や信用になります。

見込み客はあなたのことを信じるようになるのです。

こうやって信頼によって顧客心理を掴んでいくことができます。