Pocket

LINE@リストマーケティングに限らず、ネットビジネスで稼ぐには、能動的な思考が必要となります。

能動的思考とは、自分で考えて挑戦して問題解決することで、
自分で考えて行動することが能動的思考です。

今回は、LINE@リストマーケティングでどうやったら能動的思考で活動できるかについてお話ししたいと思います。

能動的思考の状態を思い出す

 

勘違いしないでもらいたいのは、ネットビジネスを学んでいて、「教えてください」とわからないことをどんどん質問するのは全く構わないことです。
むしろやるべきです。

ただ、そればかりに頼っていると、自分で問題解決ができなくなります。

能動的に動かないと稼ぐことができません。

あなたの小学生の頃を思い出してみて下さい。

あなたの小学生の頃は能動的に動いていませんでしたか?
何を見ても新鮮で楽しかった。

臆することなく、確実に能動的に動いていたはずです。

自分がやりたいから自発的に動いているんです。

能動的思考が閉ざされる原因とは

ところが、社会に出た大人は特に能動的に動けなくなってしまいました。
指示がないと動けない。

指示待ちになって、ロボットみたいな思考になってしまっています。

指示を出してもらう、ルールを作ってもらってから行動する。

大人になるとそういう生き方しかできなくなりました。

なぜか。

 

それは決してあなたが悪いわけではありません。

日本の学校教育に問題があるのです。

「前ならえ」、クラスの人と同じ、社会の人と同じ、美徳的な教育を受けてきました。

社会に順応できるようになってほしい、社会に貢献してほしいから、こういった教育を刷り込まれてしまっているんですね。

学校教育の本質は、ちゃんと国のために働いて、国に税金をきちんと納める人間を道徳的に育てることです。

私は幸い、不真面目だったので、それほど学校教育に染まることがなかったので今でも能動的に動くことができていますが、大半の方は、この学校教育によって能動的な行動を押さえつけられて成長してしまっているのです。

能動的に動く、自分の好奇心で動けることが大切です。

能動的思考を解放するということ

 

もともと誰だって能動的な感情はあります。
ただ、忘れてしまっているだけなんですね。

指示待ちロボットのライフスタイルが定着してしまっているだけです。

抑えつけられているだけで、誰だってアイデアを創出することができます。

こういった受動的な思考パターンが身についてしまっているだけなのです。

この受動的な考えを自覚して、自分自身の捉え方を変える必要があります。

能動的な行動を解放しましょう。

自分は無限の可能性を秘めているということを信じることです。

ネットビジネス、とりわけLINE@リストマーケティングは、能動的な行動が絶対的に必要となります。

ブログを構築したり、ライティングのスキルを磨いたり、LINEへ誘導したり、見込み客とコンタクトをとるなど能動的に行動することで一歩一歩前に進むことができます。

手に入れていない無限の知識を追い求めて手に入れたら、能動的に行動している状態になります。

能動的に動く習慣を身につける

ネットビジネスにおけるスキルをインプットしていけば、可能性を広げることがいくらでもできるようになります。

能動的な人間。

そう思えるようになることが大切です。

可能性をどんどん広げてピンっときたものに挑戦してみること。
まずは知識の幅を広げて脳みそを拡張していく。

知識を増やすことができなければ、可能性は閉じてしまいます。

知識を得るには、自分でこじ開けること。

ノウハウよりも重要なことです。

能動的に動く習慣を持ち続けていきましょう。