Pocket

コピーライティングは見込み客を動かすのになぜ必要なのでしょうか。

どんなビジネスにおいても見込み客を動かすことが本質となります。

では、言葉=コピーライティングなのでしょうか?

見込み客を動かしたいと思っている人はまずコピーライティングを学ぶべきです。

コピーライティング手法を意識してセールスレターなどを書きますが、もっと重要なのは感情を揺さぶることです。

「なぜ、商品を買ってしまったのか」それは感情を揺さぶられて買ってから後悔することだってあります。

あなたにも覚えはありませんか?

では、「ネットビジネスを教えます〜」というコピーライティングで人をワクワクさせるにはどうしたらいいのでしょう。

例えば、イメージできるような画像を合わせて見せる。

関連する画像を見せることによって、モチベーション UPにつなげるイメージを持たせることができます。

不安を持たせないことがポイントとなります。

見込み客の心を揺さぶるには、未来のビジョンを文章でビジュアル化することです。

こういったスキルはコピーライティングを学んだだけでは習得できません。

マインドセットを学んだり、本を読んだり、経験を積んだ中で知識や事例などの情報収集が必要になります。

文章の中に一次情報を盛り込む

見込み客の心を揺さぶるには、一次情報を与えることが効果的です。

一次情報とは、実際に経験・体験した話です。

一次情報が一番価値があります。

どんな場合でも体験談は説得力があるからです。

体験談を文章の中に入れ込むと、個性が出てきます。

スマホのマニュアルなどを思い出してみてください。

感情が全く入っていないので、つまらないですし、頭に入ってこないですよね。

ネットビジネスの話であれば、テクニックの部分は色々出回っているので、価値が見えません。

どれも同じに見えます。

情報だけなら価値がないんですね。

競合と差別化するならこのストーリー性を持たせないといけません。

ストーリーがあるから見込み客の感情を揺さぶることができます。

情報だけですと、無機質なものになってしまいます。

情報に主語を入れていくことによって、感情が入り、オリジナルになります。

コピーを書くときはわかりやすく伝えるのは当たり前で、重要なのはどれだけ感情を揺さぶれるかです。

ですので、コピーライティングのスキルはある程度必要ですが、頼りすぎてもいけない。

感情をコピーに込めるのにコピーライティングのテクニックは使いませんから。

言葉の使い方を意識する

ターゲットを意識して、初心者にわかりやすく言葉の選択をするのが基本です。

コピーライティングとは見込み客を動かす言葉の使い方です。

論理的に話しながらそこに情熱を盛り込みます。

合理的でもストーリーを差し込むことでオリジナルになります。

具体的なものであればイメージしやすいです。

セールスレターなどのコピーを書くときは、情熱を込めてストーリーを意識して書いてみましょう。