Pocket

 

今回は、マズローの心理的欲求についてお話ししたいと思います。

LINE@リストマーケティングにおいて、このマズローの心理学的欲求を知り、刺激することで、全体俯瞰しながら別の視点で物事を見ることができるようになります。

LINE@リストマーケティングでアクションを起こそうとしてもできない場合、原因を知ることができます。

ビジネスで成功するためにも使える概念ですので、ぜひ知っておいて下さい。

それでは、本題に移っていきたいと思います。

マズローの5段階欲求を知る

マズローは、アメリカの心理学者で、5段階の心理的欲求を唱えた方です。

ピラミッド型を形成していて、下の欲求が満たされればその上の欲求を満たそうとします。

一番下から、生命欲求、安全欲求、社会的欲求、尊厳欲求、自己実現欲求となります。

それぞれの欲求を少しずつ刺激することによって、幅広くリーチできるようになります。

まず、生命欲求ですが、生理的欲求とも言えます。

例えば、水を飲みたい、排泄したいなど、生命に関する欲求です。

生きるために必要な行動の欲求だと思って下さい。

生命欲求を満たすことのできる得たい欲を刺激するコピーは、例えば「水晶のように澄んだ水をゴクゴク飲むことができます。」

避けたい欲は、「息苦しくでストレスの多い生活」という感じです。

 

次に、安全欲求ですが、安全とか安心を求める爬虫類的な欲求です。

安全欲求を満たす得たい欲というと、「身の安全を守りたい」「常に美味しいご飯を食べれる生活」「確実性を求めたい」「健康でいたい」

「貯金したい」「ちゃんとした家に住みたい」「治安のいい場所にいたい」などです。

逆に避けたい欲は、「銃声が聞こえるようなスラム街に住む生活」「不健康で頭が狂いそう」「突然リストラされる」などです。

避けたい欲を刺激するとパワーがあるので、見込み客は反応してくれます。

 

次に、社会的欲求ですが、これは親和的欲求、帰属欲求とも言えます。

誰かと繋がっていきたいという欲求で、こちらは哺乳類的欲求です。

家族や仲間が欲しい、誰かと話したいという欲求があるので、「本音で話せる友達ができます」「恋人ができます」などが刺激を受けます。

逆に避けたい欲を刺激するとなると「仲間外れになります」「家族離散になります」「見放されてしまいます」「常に一匹オオカミになってしまいます」などです。

これまでの生命欲求、安全欲求、社会的欲求までは、外的に満たされたいという欲求です。

 

次に、尊厳欲求です。

こちらは、承認欲求ともいえます。

哺乳類的欲求で、「自信を持ちたい」「重要な人物です」「尊敬されたい」「慕われたい」「自信がつきますよ」「出世できますよ」「ファンができます」「カリスマになれます」などで刺激を受けます。

逆に避けたい欲は、「劣等感を感じます」「バカにされます」「パワハラを受けます」「ゴミを見るような目で」などです。

 

最後は、自己実現欲求です。

自己実現欲求は、能力や可能性を試したいという人間脳的欲求になります。

「問題解決したい」「世の中の不誠実を正したい」「成功できる」「自己成長できます」などのコピーで刺激を与えることができます。

避けたい欲は、「そんな人生でいいんですか」「なんでチャレンジしなかったんだろう」などです。

この尊厳欲求と自己実現欲求は、内的な欲求で高次な欲求となります。

実は、5段階の上、6段階目の欲求もあります。

 

自己超越欲求です。

エゴがない状態で、使命を果たすために大切な仕事に悟りを開いた状態です。

この自己超越欲求を持つ人間は全人口の2%のみでしか持っていない別次元の欲求ともいえます。

マザーテレサやキング牧師などがこの類です。

この自己超越欲求を刺激するコピーは「なんの生きがいのない人生でいいのですか」という感じになります。

自己超越欲求に対しては頻繁に使うことはありませんが、「ここぞ」という時に使うと効果的です。

 

まずは、5段階欲求を刺激するコピーを書いていきましょう。

そして、5段階欲求は、完全に満たされなくてもその上の欲求に進むことができます。

満たされる欲求の度合いは、生命欲求で85%、安全欲求で70%、社会的欲求で50%、尊厳欲求で40%,、自己実現欲求で10%となります。

達成度がそれぞれ満たされれは次の欲求に進むことができます。

これら5段階の欲求をそれぞれ満たすコピーを意識して書くことで、より広い層にリーチできます。

5段階欲求を満たす重要性とは

何か作業で前進できない、ブレーキがかかっている時は、自分自身がこの5段階欲求を振り返ると満たされていない場合があります。

満たされていない欲求を知り、それを満たすことによって、ビジネスで結果を残すことができるようになります。

特に、社会的欲求が満たされていないケースが多いので、まずは安心できる生活基盤を作ることが重要です。

きちんとLINE@リストマーケティングを行なっていく上で、立ち止まってマズローの心理的欲求を満たしてあげる、解決策を出していくとビジネスでも結果が出せるようになります。