Pocket

ネットビジネスにおいて、成功している人としていない人の差って何だと思いますか?
それは、感情の開放ができているかどうかです。
今まで、抑圧していた感情の開放をする。
解放した感情を受け入れることができるかどうかで決まってきます。
相手が無視できないコピーを書くには、相手の欲求を知ることです。
相手の欲求を理解できない限り、心を動かすようなコピーは書けません。
相手の欲求を掴むには、まずあなた自身がどんな欲求を持っているのかを知ることが必要です。
自分の言いたいことをコピーに書くのではなく、見込み客を代弁することから始まります。
その為には自分の感情を解放して受け入れることから始まります。

自分の感情の欲求を解放する

伸び悩む人は、この感情の開放ができていない人がほとんどです。
感情の欲求にブロックが掛かっていて、それが壁となってしまっている状態です。
自分の感情をまず開放してみましょう。
まず、自分の中で受け入れていない欲求を認識してみましょう。
そしてその欲求を受け入れてあげます。
どのように自分の欲求を引っ張り出すのか。
まず、紙とペンを用意して、次の質問に対しての自分の回答を書き込みます。
「もし、あなたが相手から批判も非難も、否定的な言葉も投げ掛けられなければ、あなたは何をしたいですか」
この質問に対して、あなたの欲求を正直に紙に書き込んでください。
恥ずかしい気持ち、見られたくない気持ちは無しです。
その書き込んだ自分の中にある欲求を自分の中で受け入れてください。
できれば、親しい関係の人にシェアしてみると、相手の欲求も見えてきます。

エゴを受け入れるということ

そうすると、全てのエゴを受け入れることができてきます。
一流のコピーライターは、どれだけお客様となる見込み客のエゴをどのくらい受け入れられるかにかかっています。
エゴを直視して受け入れることができたら、コピーに活かすことができます。
反応のあるエゴや欲求を掻き立てるコピーができれば、見込み客は反応します。
自分の隠れた欲求を掘り起こすことができたら、今度は自分の弱みも同じように書き出してみましょう。
こうして、自分の隠れた欲求と弱みをさらけ出すことによって、本物のコピーを書くことができるようになります。