Pocket

今回はLINE@リストマーケティングにおいてターゲット属性にする顧客タイプについてお話していきたいと思います。

これから私とLINE@集客をしていくのなら、無料オファーに登録してもらう見込み客を獲得することが目的となります。

「個人でも稼げる方法を教えます。
まずは無料オファーに登録してください。」
とアプローチして反応してくれる人がターゲットになります。

私が教えるターゲット属性は、「お金の悩みを抱えている人」です。

ちょっとパチンコで稼ぎたい、楽してお金を手にしたい人ではありません。

お金が必要で、起業したい、稼ぎたい人がターゲットの顧客になります。
このターゲットの顧客心理を強く理解する必要があります。

そしてこのターゲット属性の顧客は深い悩みを抱えています。

何かしらのお金に関する悩みを持っています。
それは、貯金が少なくて心配であったり、老後の心配をしたり、今の稼ぎでは満足できない、自由になりたい、今の会社を辞めたい。などなど。
人によってお金に関する悩みは違いますが、必ず悩みを持った人が登録します。

登録する方は、お金に関する悩みは何であれ深い悩みを抱えている人々です。

顧客心理がイマイチ掴めない場合は、あなた自身と捉えるといいかもしれません。

あなた自身のことを顧客として見立てて、悩みや痛みを掘り起こします。
あなた自身を振り返って、共感できる方は、より稼ぐことができます。

顧客の感覚を共感できることは非常に重要です。

ある意味あなたの今の環境は顧客と近いので、絶対優位な位置にいるのだと思ってネットビジネスを始めると成功します。

もし、セミナーなど参加する機会があれば、ぜひ積極的に参加してみてください。

顧客心理が理解できてくるはずです。