Pocket

なぜ、LINE@リストマーケティングにおいて顧客心理を掴むことが必要なのでしょうか。

それはネットビジネスにおいて、顧客を誘導しなければ稼ぐことができないからです。

例えば、LINE@に誘導してリスト取りする場面でも顧客心理を利用します。

何かに登録してもらう、購入してもらう、何かの行動をとってもらう際、顧客心理を巧みに操ることができたらどうでしょう。

あなたは顧客を左から右に、右から左に動いてもらう。

ネットビジネスにおいて、顧客心理を自在に操れるようになれば、稼げます。

稼ぐためには、顧客心理を理解した上で刺激したり、テクニックを用いてあなたがコントローラ—となる必要があります。

あなたが顧客心理を掴んで集客したり、セールスをすると大きく稼ぐことができるのは間違いありません。

顧客心理を掴むことは、何もネットビジネスに限ったことではありません。

 

例えば、泣き続けている3歳ぐらいの子供がいたとします。

この子をどうやってあやしたら泣きやむのだろうかを考えます。

仮面ライダーのフィギュアを使って一緒に遊んだり、おもちゃを持たせて遊んだり、笑わせたり、気をそらしたり。

実はいろんなところで人の心理を使っているんですね。

本当はわがままを言いたいところだが、我慢したり。

顧客心理とはこの延長にあります。

人はこういうことをするとどう思うのか。

あなたには数人の顧客がいたとして、その顧客はお金を稼ぎたいと思っている。

お金を稼ぎたい理由は、現状の不安があるからです。

こういった不安や恐怖を上手く刺激したり、癒したりして上手くコントロールする必要があるんですね。

顧客心理についてのスキルは必ず身につける必要があります。

なぜなら、これこそが『マーケティングの本質』だからです。

 

どうやったら売れるのか、集客できるのか、そもそも売れる商品は何か。

マーケティングの本質は顧客心理のコントロールであるといっても過言ではありません。

商品のプロダクト、セールスであったり成約であったり、様々な場面で遭遇するマーケティング。

このマーケティングをマスターすればお金はいとも簡単に稼げるようになります。

顧客心理を理解して押さえている人は稼いでいます。

マーケティングの本質は不変です。

お金は人が持つものです。

人が持っているお金をこちらに出してもらうのです。

人対人の関係性は絶対になくなるものではありません。

たとえ人工知能が発達してきても、何かしらのアクションをかけることによって、顧客心理をコントロールすることができます。

顧客心理を身に付ければネットビジネスにおいて優位に立てます。

顧客心理は不変なので、一生稼げます。

逆を返すと、顧客心理を学ばずして稼ぐことはできないのです。