Pocket

今回は、LP(ランディングページ)の構成についてお話したいと思います。

LP(ランディングページ)作成は、LINE@でのリストマーケティングにおいて強力な武器となります。

LPは、絶対的にこれで絶対稼げるというようなものはありません。

扱う時期、商品によって異なりますし、ライバルの状況などによって違う為、型というものはありません。

ただ、私がこれまでやってきてある程度成果のあるものをお伝えしたいと思います。

一番成約がとれやすいのは、もちろんメルマガを読んだことによってどのくらい稼ぐことができるかの証明や効果の実証のようなものがあればもちろん成約率は上がります。
ただ、LPを完璧にしたところで手間と時間がものすごくかかってしまいます。

実際、私はほとんど効果の実証などを取り組んだLPは作ったことありません。

それでもきちんと成約はとれます。

それは、決められた構成をちゃんとやっているからです。

これを押さえておけば、リスト取りはできます。

あなたの目的はビジネスモデルを完成させて利益を得ることですよね。

一から完璧なLPを作ろうとすると効率悪いです。

60〜70%の仕上がりで十分なんです。

パーフェクトに仕上げる必要はありません。

あなたの目的は「お金を稼ぐこと」です。

シンプルで効果の出ることをやった方が効率よくお金を稼ぐことができます。

 

私は、LPをトップ・ボデイ・ボトムといった構成で作成しています。

トップとはLPの頭のことです。

画像や動画を入れて気に留められるようにします。

ブログでいうと、ヘッダーにあたります。

このLPを読んで「問題解決するきっかけがつかめるかも」というような気を掴むキャッチコピーを書きます。

次にボディ(上半身)です。

ボデイには、まずベネフィットを書きます。

問題をどのように解決できるか、どのようなメリットがあるのかの内容を記載します。

キャッチコピーで気になる状態にして、ボディはベネフィットを明示してもっと気になる状態にします。

最後にボトム(下半身)です。

あなたがどのような人でどのような活動しているのか、どんな顔なのか画像があるとベストです。

ここにあなたのプロフィールを書きます。

実績を書く必要はありません。

プロフィールがあるだけで十分です。

LPを読んで下までスクロールしてくれているので、プロフィールを入れるだけで十分です。

プロフィールの下に友だち追加ボタンを設置しましょう。

これでLPの一連の作成は完成します。

LPの場合、最初のキャッチコピーが非常に重要となります。

ランディングページのコアとなるのは、先に述べた

・キャッチコピー
・ベネフィット
・内容

となります。

よくLPの作成を載せた教材に「お客様の声をのせましょう」「実績を載せましょう」などと手間のかかる作成方法を教えていますが、重要なのはこのキャッチコピー・ベネフィット・内容です。

繰り返しになりますが、LPの作成はパーフェクトを狙う必要はありません。

キャッチコピー・ベネフィット・内容のランディングページのコアとなる部分をしっかり訴求できれば集客できます。

効率良く作成してみましょう。